新聞折込料金は部数にもよります

この不景気といわれている時代において、広告宣伝費を縮小しなければならないところも多く、できるだけ反響がよく効率よく集客ができる方法を選択するために、頭を悩ませている経営者も少なくはないでしょう。

地域に密着した集客を行いたい場合、やはり昔ながらの手法である新聞折込は、非常に効率的だといわれていますが、その料金は配布する部数、折り込みを入れる新聞社の数などによっても違うので、販売所などで担当の方と相談することをおすすめします。



素人考えで手当たり次第に入れるよりも、その地域の新聞社の販売所の方に問い合わせたほうが、どの新聞社にどれくらい入れる方が反響が大きいかといったことや、何曜日に入れる方が消費者の目に留まりやすいかといったことも、より詳しく教えてもらえるので、新聞折込しようと考えている枚数を伝え、無駄のないように振り分けてもらうことが大切です。折り込む範囲も、販売所ならではの情報があり、同じエリアであってもここは入れるべき、ここは省いても良いという見極めができるので、販促に費やす料金を無駄なく生かすことが出来ます。

しかし、最近ではインターネットの印刷業者で、新聞折込に入れるチラシのデザイン制作から、折り込みの手配まで、すべて引き受けてくれるところも多く、一つ一つの工程を自分で行わなければならない煩わしさがないので、時間がない方などには人気が高まっているようです。

All Aboutを是非ご利用ください。

すべて込みの料金で請求されるので、ある程度の予算が決まっているのなら見積もってもらうのも良いでしょう。

神戸の新聞折込ついて詳しく説明しているサイトです。